ソーターパネルをこれから設置しても間に合うのか?

Posted by

「太陽光発電でクリーンなエネルギーを」というキャッチフレーズで広く浸透した太陽光発電ですが、年々その需要に疑問符がつき始めています。太陽光発電とは太陽の降り注ぐ光をエネルギーとして使うために屋根にソーラーパネル(太陽電池)を設置してエネルギーを集めます。太陽光発電は使わなかった昼間のエネルギーを各電力会社に買取ってもらうシステムです。

よって、昼間に家庭で電力消費が多い場合はソーラーパネルで集めたエネルギーを電力会社に売ることが出来ません。

では太陽光発電はどのくらいの収入になるのかと計算するには売電価格を知っておかねばなりません。この売電価格は年々下がっているのが現状です。これはソーラーパネルの設置費用が年々下がっていることにも影響されています。

また、メンテナンスが非常に簡単なシステムなので維持費もあまりかかりません。とは言え、売電価格が下がるのはこれからソーラーパネルを設置しようという家庭には悲しいお知らせですね。

それでもソーラーパネルから出た必要のない太陽エネルギーを売ることが出来るなら良いのでは?と思う方も多いでしょう。しかし、電力は昼間の料金、夜間料金と値段が違っているので、昼間の一番高い電気を余り使わない家庭の方が売電する意味があるのです。

なぜなら昼間の電気を高い値段で買って使っているのであれば、自宅でソーラーパネルで発電したエネルギーを安い値段で売ることにより、差額の利益が小さくなるからです。

よって恩恵をたくさん受けられるのは太陽光発電をしつつ、昼間に節電できる家庭なのです。

お金儲け目的でソーラーパネルを設置しがちですが、それ以上に地球の温暖化問題等に対してエゴロジーの観点から太陽光発電に貢献していると思われるメリットもあります。太陽光発電システムのモニターをみる習慣が出来ますから、一般家庭でも家族全員で環境意識が高まります。それと同時に節電も考えるようになることも大きなメリットなのです。”

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です