マイナス面も無視できない太陽光発電

Posted by


21世紀型の発電方法として太陽光というのが注目されている訳ですけど、メリットばかりではありません。太陽光発電にはデメリットが相当あるんですね。やはり一番大変なのは天候に大きく左右されるという事でしょう。

晴れの日は全く問題ないのですが、曇りの日であったりとか、雨の日などというのは大変な事になります。発電量が殆んどゼロに近づいてしまうなんて事もあるんですね。ですから、これだけで全ての電力を賄うというのは現実的には難しいのです。

それに関しては将来的な技術革新の様なものが必要になってくると言えるでしょう。

現在の方法に加えて更に何か工夫が必要になるという事なのです。ですから現時点においてはあくまでも補助的な存在として太陽光発電を位置づけるべきだという風に考えています。

これを主力にするというのはまだまだ力不足だと言わざるを得ないでしょう。ただし、晴れの日に関しては相当の発電量があるというのも事実なので、これを活かさない手はありません。

例えば夏場というのはもっとも電力の需要が高まる瞬間でもあります。数年ほど前は原子力発電所の稼働が各地で止まったという様な事もあり、電力不足が叫ばれていました。

その様な時に非常に役に立ったのが太陽光発電なんですね。エアコンの稼働がもっとも多くなるであろう夏場に停電のピンチから救ってくれたのはやはりこの太陽光発電という事になるでしょう。

もしこれが無かったらどうなっていたかという意見は少なくないのです。

今後、太陽光発電に使われるパネルの改良などが行われるはずですから、益々発電効率が高まって行くという事が考えられます。経済産業省としても積極的にこちらの分野に投資を行っていただきたいものですね。

やはり日本の技術力というのは現代においても世界の中でトップクラスだと言わています。だとしたらそれを活かして行くべきでしょう。さすが日本の太陽光発電は違うと各国に思われるようになれば素晴らしいことですよね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です