太陽光発電の未来は明るい

Posted by

太陽光発電は再生可能エネルギーの中でも最も導入されやすいとしています。導入されやすいことから全国各自で設置されており、1キロワット当たりの値段も火力発電並みの単価になる見通しです。そのため、太陽光発電の性能を上げる研究には大きな期待がされています。

なぜ太陽光発電が最も注目されている再生可能エネルギーなのでしょうか。それは発電効率にあります。今主力の発電方法の火力発電では発電効率は50パーセントほどと言われています。

石油などといった再生不能な燃料を燃やして還元率50パーセントで電力につなげていると考えてもらえばわかりやすいと思います。太陽光は発電効率50パーセントとまではいきませんが、20パーセントほどあるのです。再生可能エネルギーで20パーセントを電力化できるということはかなりすごいことなのです。

また、火力発電と違い大規模な施設を必要とせず、家庭でも設置できるようなソーラーパネルで十分なので設置コストが各段に安いのです。

たくさんのソーラーパネルを設置すれば必然的に数で補い、火力発電を上回る発電力を身につけることができます。地球環境を汚染しないとなればこれを利用しない手はありません。

発電効率の良いソーラーパネルが次々と開発されています。2020年までに発電効率25パーセントまで引き上げるというメーカーがあります。実際に22パーセントまでは到達しているようです。

市販レベルにはなっていないものの発電効率30~40パ―セントにはできる開発は済んでいるという話まであります。そうなれば火力発電に頼る理由はなくなってくるのではないでしょうか。

ただ一つ問題点として上げられるのは天気が悪いと発電効率が非常に落ちるということです。そのような点も研究が進むにつれて改善されて行けばと思います。実際に角度を変えることで環境に応じたソーラーパネルの研究は進んでおり、設置角度次第で発電効率を向上させることが可能になってきてるそうです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です