非常に身近なのが太陽光発電だと言えます

Posted by

色々な発電方法が存在しているという事は今更私が言う必要もなく、皆様も理解されている事だと思うのですけど、その中でも太陽光発電というのは非常に身近な存在ですよね。理科の実験等で使えるような物が市販されていたりしますからね。

これは他の発電方法では到底真似する事が出来ないでしょう。実際に石油を使ったり石炭を使ってお湯を沸かして…なんて危険過ぎて出来ないですからね。一方、こちらは簡単に再現する事が出来ます。

そういう意味で多くの人達がメリットを理解している発電方法だという風に言えるでしょう。そのメリットというのは挙げたらキリが無い程です。例えば騒音問題という物がありませんね。

発電所というのは大きなタービンを回すのが普通ですから、それなりに音がするというのが一般的なのです。そのため、街中に作られるという事は殆どありません。人が余り住んでいないような田舎に建てられるというのが普通でしょう。

それに比べて太陽光発電というのは設置の場所というのが比較的自由なのです。

日本の国土は狭いとは言われますけどそれは都市部に限っての話で、そうでないところは案外空いている物なんですね。

そういうところに使うというのが一番有効だと思います。また、都市部でもちょっとした空き地なんかに作ることも出来ますし、ビルの屋上に設置するという事もできるでしょう。身近な場所では学校の屋上なんていうのもありますよね。

これらを有効活用すれば国内で使用されている電力の殆んどを太陽光発電で作ることもできるのではないかなと思っています。私は専門家ではないのですけど、何となくその様に感じるんですね。

年々家電の消費電力というのは減少している訳ですから、益々太陽光発電が活躍しやすいような環境が整えられて来ていると言えそうです。

あとはメーカー側の開発努力という事になるでしょう。どれぐらい後かは分りませんが、大きなビジネスとなりそうな気がしています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です